森田流犬のしつけ散歩編

飼い主の意思とは裏腹に、散歩の時にリードを引っ張る犬。散歩をさせている側としては、これってとっても困りますよね。犬を飼っていない人は気にした事もないかもしれませんが、よく見かける光景でもありますよね。人間と犬の立場が逆転してしまい、犬が先頭を切って人間を散歩せているような光景でもあります。

どちらが飼い主か分からない状態でした

川遊びをするワンコ我が家のジャックラッセルテリアは飼い始めて2年近くになりますが、森田誠流犬のしつけを行うまで、なりふり構わずリードをグイグイ引っ張っていました。家を出発すると同時にロケット発進してしまいます。

ジャックラッセルテリアはもともと運動能力が高い犬なので、自分勝手に歩かれてしまうと、人間はそのままではとても付いて行けるスピードではありません。必然的に犬に引かれて散歩しているような格好になってしまうのです。

犬のしつけ本を読んでみると、リードを引こうとしたら犬にショックを与えるなどという事や、おやつを与えながら歩くなどという事が大抵書いてあります。このしつけ方法を筆者もやってみましたが、犬が飼い主に注目して歩くのはその時だけなんですよね。

犬の目線から見れば、決して飼い主に注目して歩いているのではなく、おやつに注目して歩いているのですから、おやつがなくなれば飼い主には用がなくなってしまうわけです。これでは本当の犬のしつけにはなりませんね。

森田誠さんの犬のしつけでは、おやつなんかで注目させる方法を使いません。犬と飼い主との信頼関係を厚くするしつけ方であるため、犬は飼い主に服従し先に歩いて行こうとはしなくなるのです。我が家のジャックラッセルテリアに、森田誠さんの犬のしつけを行うようになってからは、確実にリードを引っ張って歩く行為は改善されて来ています。

森田さんのマニュアルを読んで、その日から実際に体験してみたわけですが、その日から以前のようには引っ張らなくなりました。まるで本当に人間ならぬ犬が変わったようでした。思わず妻に「ちがう犬になったみたいにリードを引かないので散歩が楽しい」というような事を言った事をおぼえています。

森田流犬のしつけを実践して約一ヶ月。2年近く自分が好きなようにしてきたジャックラッセルテリアが森田さんのサイトの動画のように完璧に散歩できるまでにはまだ時間がかかりますが、確実に進歩しているのです。犬から散歩させられないように、これからもしっかりとしつけていきますよ~

森田さんの犬のしつけを習得すると、愛犬と今よりもっと強い愛情で結ばれます⇒⇒⇒森田流犬のしつけ公式サイトはコチラ!